「電力会社の姿勢に変化がなければ…」原子力規制委の更田委員長 再稼働審査「短縮は望めない」とバッサリ 2022年9月7日

「電力会社の姿勢に変化がなければ…」原子力規制委の更田委員長 再稼働審査「短縮は望めない」とバッサリ


2022年9月7日  東京新聞

 

 原子力規制委員会は7日の定例会合で、原発の再稼働の前提となる新規制基準の審査を巡り、政府や経済界から効率化を求める声が出ていることを念頭に、審査会合の頻度を増やすなどの方針をまとめた。ただ、更田豊志ふけたとよし委員長は「事業者が望むのは審査の短縮化だが、これをやっても、大きな変化が出るとはとても思えない」と述べ、電力会社側の姿勢に変化がなければ審査の短縮は望めないとの認識をあらためて示した。
 規制委事務局はこの日、今後の審査の進め方として、委員が出席しなくても審査会合を開けるようにすることや、委員の現地視察を増やすことなどを提示。委員らは了承した。
 席上、更田氏は「委員会で進め方を整理しても、実際には効率化されない」と指摘。既に再稼働した原発を念頭に「空振りを恐れずに立証材料をそろえようとする事業者と、無駄は避けようとする事業者で審査期間は大きく離れている」と述べた。
 審査は、北海道電力泊原発(北海道)や中部電力浜岡原発静岡県)など7原発10基で継続中だが、いずれも電力会社側の立証が不十分で長期化。規制委は4月以降、効率化に向けて、審査に臨む5社の経営者層と意見交換してきた。(増井のぞみ)