大阪市、8日間で感染者1万2700人報告漏れ 入力追いつかず

大阪市、8日間で感染者1万2700人報告漏れ 入力追いつかず

毎日新聞 2022/2/3 21:22(最終更新 2/3 21:22)

 

 大阪市は3日、市内で確認された新型コロナウイルスの感染者数について、1月26日~2月2日の8日間に計約1万2700人分の報告漏れがあったと発表した。感染者の急増に伴い、政府のシステムに保健所の入力作業が追いつかなかったため。入力された情報を元に保健所が感染者から体調を聞き取る「ファーストタッチ」にも最大1週間程度の遅れが生じた。

 

 感染者情報は、医療機関か、医療機関から感染者の「発生届」を受理した保健所が、政府の情報共有システム「HER―SYS(ハーシス)」に入力し、大阪府への報告も兼ねている。大阪市は極力、医療機関で入力するよう求めているが、手間の問題もあり、全感染者のうち約6割は医療機関から届いたファクスを元に保健所が40人態勢で入力を代行している。

 

 市によると、作業の逼迫(ひっぱく)に加えてハーシス自体の不具合もあり、1月26日~2月2日に1日当たり約200人~約3000人分の積み残しが生じた。

 感染拡大の第6波で保健所からのファーストタッチは滞りがちだったが、入力作業がスムーズに進まないことで、未入力だった感染者の多くに対するファーストタッチの遅れに拍車がかかったとみられる。一方、重症化リスクのある感染者については、優先的に体調の聞き取りを行っているという。

 

 市は2日から態勢を倍の80人に拡充し、2日までに6割に当たる7625人分の作業を済ませた。残り約5000人分について6日までの入力を目指す。

 市はこの他、1月14日ごろから市内の医療施設や高齢者施設など38カ所(感染者は計約670人)で発生したクラスター(感染者集団)を、大阪府に報告できていなかったことも明らかにした。

 

 松井一郎市長は記者団に「今の人的資源では対応が難しい。発生届の対象を絞るなどオミクロン株の特性に合わせて(保健所の業務を)見直すべきだ」と語った。【田畠広景】

 

毎日新聞より)

 

出典:https://mainichi.jp/articles/20220203/k00/00m/040/295000c