クルーズ船の米国人が帰国へ チャーター機が16日到着

クルーズ船の米国人が帰国へ チャーター機が16日到着

2020/2/15 日本経済新聞

 

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると約380人の米国人と家族が乗船している。下船後にバスで移送し、チャーター機で出発する。米西部カリフォルニア州の米軍基地にいったん収容される見通し。茂木敏充外相は15日、訪問先のドイツでポンペオ米国務長官と連携を確認した。
日本政府は船内で実施している検疫の例外措置として対応する。ウイルス検査で陽性だった米国人は除く。米国以外の国・地域からも同様の要請があれば応じる方針だ。
在日米大使館はクルーズ船の米国人乗客に宛てたメールで「感染拡大の防止に取り組む日本政府には深く感謝する。しかしながら、政府の義務を果たすために米国民の帰国を勧告する」と表明した。クルーズ船から退避させる人は帰国後に隔離のうえ、約2週間の経過観察を受けるという。
フランスでは15日、新型コロナウイルスに感染してパリ市内で入院していた80歳の中国人観光客の男性が死亡した。アジア以外で感染者の死亡が確認されたのは初めて。
加藤勝信厚生労働相は15日の記者会見で、ダイヤモンド・プリンセスの全乗客についてウイルス検査を実施する方針を明らかにした。検査結果が陰性で健康に問題がない人は19日から順次下船する。同船では15日に新たに67人の感染が確認され、感染者の累計は285人となった。