イラン、すべての米軍部隊を「テロリスト」に指定へ

イラン、すべての米軍部隊を「テロリスト」に指定へ

2020/1/7

 

【AFP=時事】(更新)イラン国会は7日、同国のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官を米軍が殺害したことをめぐり、すべての米軍部隊を「テロリスト」に指定する法案を可決した。

 

 イラン革命防衛隊(IRGC)の対外工作を担う精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」の司令官として人望を集めていたソレイマニ氏は3日、イラクの首都バグダッドにある空港外で米国の無人機による攻撃を受け死亡。宿敵同士である米国とイランの間で緊張が高まっている。

 今回新たに採択された法案では、米軍および国防総省の職員、提携機関、スパイ、指揮官、ソレイマニ司令官の「殉教」を命じた者らが「テロリスト」に指定された。

 同国国会は「これらの部隊に対する、軍事面や諜報分野、資金面、技術面、事業面やロジスティクス分野などでのあらゆる支援が、テロ行為における協力とみなされる」としている。

 今回の法案は、米国を「テロ支援国家」、中東地域を管轄する米軍部隊を「テロ集団」とみなすと宣言した昨年4月の法案を修正したもの。【翻訳編集】 AFPBB News