過酷な生、悲痛な歴史…表現の先端切り開く記録映画 山形国際ドキュメンタリー映画祭 王兵「死霊魂」に大賞 2019/10/19 日本経済新聞 電子版

過酷な生、悲痛な歴史…表現の先端切り開く記録映画
山形国際ドキュメンタリー映画祭 王兵「死霊魂」に大賞
 
2019/10/19  日本経済新聞 電子版

 

f:id:shuuei:20191214051300j:plain
ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)の王兵監督「死霊魂」


人間は悲痛な歴史や過酷な現実とどう向き合い、映画はそれをどう表現するのか――。山形国際ドキュメンタリー映画祭2019は王兵ワン・ビン)監督「死霊魂」を大賞に選び、17日閉幕した。30年目を迎えた山形は今年も映画表現の最先端を示した。
8時間15分、全く退屈しなかった。「死霊魂」に登場するのは1957年からの中国の反右派闘争で粛清され、ゴビ砂漠にある再教育収容所に送られた人々。収容者3200人の多くが餓死し、500人しか生き残らなかったという過酷な生活をそれぞれに語る。
理不尽な摘発、虐待と飢え、狂気と死。高齢の生存者が次々と登場し、それぞれの壮絶な体験を数十分ずつ語っていく。事件の時系列に沿って証言を再構成しないし、歴史の解釈もしない。ただ証言する人の姿だけをカメラは延々ととらえる。
とつとつと言葉を選ぶ人、猛烈な勢いでしゃべり続ける人、穏やかに超常現象を語る人、怒って口をつぐむ人……。証言者はみな個性的だ。体験したことがそれぞれ違うように、語り方も、過去との向き合い方もそれぞれ違う。その違いによって悲痛な歴史が、より立体的に浮かび上がる。いわばポリフォニーだ。
王が反右派闘争を描くのはこれが3本目。「鳳鳴(フォンミン)――中国の記憶」(07年)は一人の老女のモノローグとして、「無言歌」(10年)は劇映画として撮った。今回はまた違うスタイルで歴史を呼び覚ました。審査員の諏訪敦彦(のぶひろ)監督は「人間の本質に分け入って行く稀有(けう)な叙事詩であり、映画の本質に分け入って行く稀有な叙事詩である」と授賞理由を読み上げた。

 

f:id:shuuei:20191214051400j:plain

山形市長賞(最優秀賞)のテレサ・アレドンド、カルロス・バスケス・メンデス監督「十字架」

最優秀賞のテレサ・アレドンド、カルロス・バスケス・メンデス監督「十字架」も、新しい方法で歴史に向きあった。
舞台はチリ南部の小さな町。73年の軍事クーデターの直後に、19人の工場労働者が警察に連行され、6年後に遺体となって見つかった。映画はこの裁判の記録を読み上げる音声と、被害者が移送された道や殺害現場の十字架の映像を重ねる。
裁判記録を読むのは町の住人たち。「過去に起きたことを現在において見ることが必要だった。冷たい記録に命を吹き込み、歴史を現実と対比させた」とメンデス。審査員のサビーヌ・ランスラン撮影監督は「新しいドキュメンタリーの形を切り開く」と評した。
これに対し、優秀賞の2作は今まさに進行中の過酷な現実と対峙する作品だ。ただ、新しい表現である点は変わらない。

 

f:id:shuuei:20191214051513j:plain

優秀賞のハサン・ファジリ監督「ミッドナイト・トラベラー」

アフガニスタンのハサン・ファジリ監督「ミッドナイト・トラベラー」はタリバンによって祖国を追われた映画作家夫婦が子供2人を連れて、欧州へと逃れる3年間の旅の記録。ほとんど身一つの危険な旅だから、全編をスマホで撮っている。今だからできる方法だ。
イラン、トルコ、ブルガリアセルビアを経てハンガリーへ。命がけの国境越え、密航業者の悪徳、移民排斥の恐怖など、行く先々の社会問題が生々しい。それでいて、夫婦げんかや子供の心配など、人間的な家族の姿もリアルに映っている。これもスマホの力だ。

 

f:id:shuuei:20191214051557j:plain

優秀賞のエリザ・カパイ監督「これは君の闘争だ」

ブラジルのエリザ・カパイ監督「これは君の闘争だ」は、バスの値上げや公立高再編に反対する高校生たちを追う。学校占拠など大胆な行動を起こしながら、既成政党とは一線を画す若者たちの新鮮な感覚を、ラップに乗せて躍動的に見せる。
カパイは「私たちの世代より大きな夢を追っている」と高校生に共感して撮り始めたが、後半は右派政権の誕生による厳しい現実がのしかかる。
審査員特別賞のフレデリック・ワイズマン監督「インディアナ州モンロヴィア」は別格の力があった。ほとんど白人しかいない米国中西部の田舎町の日常の光景を淡々と撮っているのに、現代の米国社会の底流が見えてくる。政治的な示唆を一切せずに、観客の発見に委ねる。王兵らにも受け継がれたその方法論は今も映画の最先端に立つ。

 

f:id:shuuei:20191214051637j:plain

審査員特別賞のフレデリック・ワイズマン監督「インディアナ州モンロヴィア」

 

山形は89年以来「ドキュメンタリー映画とは何かを問いかけてきた」と映画評論家の村山匡一郎氏。その範囲を幅広くとらえ、実験映画や劇映画との境界にある作品も取り込んだ。劇映画の監督を審査員に迎え、映画表現の新しい地平としての「ドキュメンタリーなるもの」を探ってきた。今年も探究心は貫かれた。
「その選択の豊かさと多様性がもたらす現代の世界のビジョンに、心動かされた。拘束された人々、消された人々、声なき者たち、不在の者たち、女性たち、故郷を失った者たちに目を向ける映画……それは決して容易に撮れる題材でなく、映画作家たちはその表象に近づくためにリスクをとっている」。審査員のオサーマ・モハンメド監督は総評でそう述べた。
参加する若い映画作家にも刺激を与えている。「アジア千波万波」部門で奨励賞を受けたイランのバフマン・キアロスタミ監督はこう語った。「革新的な語り口をもつ優れた作品を数多く見た。私の映画作りにも大きなインパクトを与えることを確信している。編集中の次回作にも学びは生かされるだろう。山形は映画作家をつくる映画祭だ」
編集委員 古賀重樹)