原発事故後の復興PRに240億円〜電通1社で

原発事故後の復興PRに240億円〜電通1社で

 
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 05/24/2019 - 11:14


 
福島第一原子力発電所事故後、風評被害の払拭や福島県の復興PRのために、国や県から広告代理店「電通」に支払われた金額が240億円にのぼることが、雑誌「たぁくらたぁ」編集部による情報公開で分かった。福島県産農産物の情報発信に66億円。環境省が除染や中間貯蔵施設等に関する広報活動に支払った金額は120億円を上回った。
 
調査を行ったのは、長野県でミニコミ機関紙「たぁくらたぁ」を発行している野池元基さん。原発事故後の復興PRのために、国や福島県電通と結んだ契約を調べたところ、2011年から2018年までの7年間に、240億円もの費用を支払っていた。この金額は、福島中央テレビ日本テレビ系)や福島テレビ(フジテレビ系)の4年分の売り上げに匹敵する。