「不時着」折れた翼 防衛省「墜落」否定

「不時着」折れた翼 防衛省「墜落」否定

毎日新聞2016年12月14日




 沖縄の海で、バラバラになった機体が見え隠れしている。米軍オスプレイ事故から一夜明け、テレビ中継の映像を見た自衛官の一人は「大破している」と言った。上空から見ると機体の損傷度合いから「墜落」したようにも見えるが、防衛省は事故公表後にいち早く「不時着」と表現。安全性への懸念が広がることへの警戒感をにじませた。一方、オスプレイが飛ぶ地元では不安が広がっている。【町田徳丈】

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161214/k00/00e/040/214000c#csidxd90eedab32e6aed852ccb18548a7c17
Copyright 毎日新聞