(耕論)それって不謹慎ですか 武田砂鉄さん、マッド・アマノさん、みのもんたさん

(耕論)それって不謹慎ですか 武田砂鉄さん、マッド・アマノさん、みのもんたさん

2016年7月29日




安っぽい「正義」、進む迎合 武田砂鉄さん(ライター)

 熊本地震の直後、芸能人を標的とした「不謹慎狩り」がネットで横行しましたログイン前の続き。自宅が損壊したタレントの井上晴美さんがブログに「ただ普通に生活が出来るものがあればいいです」と苦境をつづると、「愚痴りたいのはお前だけじゃない」などと中傷を受けた。完全に言いがかりですが、本人は「これ以上のつらさは今はごめんなさい」と、しばらく更新をやめました。

 その少し前、不倫報道でベッキーさんらが猛烈にたたかれました。謝罪したものの、「そんなんじゃ謝ったうちに入らない」との反応もあった。そもそも、なぜ私たちは彼女に謝ってもらわなければならないのでしょう。相次ぐ不倫報道後の謝罪会見を比較し、採点する番組や記事をいくつも見かけました。再度のバッシングを誘発するかのようなやり口に閉口しました。

 自分の意見を発するために最も安易な方法が、ネットで「それは違うだろ」と吐き捨てることです。物陰から発する、レベル1の安っぽい「正義」です。こんなものに動じてはいけないはずですが、真っ先に大きなメディアが引っかかります。ネットの即物的な反応をパネルなどにして張り出し、さもそれが代表的意見であるかのように見せる。番組自体は意見を発さず、「こんな意見が出ています」と提示するだけ。こうして、レベル1の正義が普遍性を持ち始めるのです。

 今、何がしかのクレームを受けた企業が、すぐに「不快な思いをさせた」との文言で謝ります。そもそも何かを発すれば誰かは不快になります。それを怖がり、フワッとした理由を投げて鎮めようとする。そういう及び腰が安っぽい正義を勢いづけます。

 何を言っても書いても、その反応が可視化される時代です。例えばヤフーのリアルタイム検索画面では、その言葉でツイートした人がどのような感情で表現しているか、「感情の推移」と明記され、ニコニコマークと怒りマークのパーセンテージが示されています。ああ、みんな怒っているんだ、と確認してから怒る。他者の反応を確かめてから乗っかっていくのです。

 どちらの意見が多いのか、その判断の手助けとなる装置があちこちにあります。大多数であることを確認してから物申す。そうして積み上げられていく声に、発する側がおびえています。

 世間が凶暴化しています。メディアが急いで作り上げた世間に、メディアが屈しているとも言えます。堂々巡りです。そこでターゲットとなった人はどこまでも痛めつけられる。自分の意見を狭め、大多数が作る「正義」に迎合することを優先すればするほど、社会は均質化します。迎合するだけではなく、かき乱す意見も必要ではないでしょうか。

 (聞き手・村上研志)

     *

 たけださてつ 82年生まれ。出版社勤務を経て、初の著書「紋切型社会」が15年ドゥマゴ文学賞。近刊に「芸能人寛容論」。