金子・札幌市議に辞職勧告案 民主党・市民連合、可決の公算大

金子・札幌市議に辞職勧告案 民主党市民連合、可決の公算大(09/04 06:40)




 札幌市議の金子快之(やすゆき)氏(東区選出)が短文投稿サイト「ツイッター」に「アイヌ民族なんて、いまはもういない」などと書き込んだ問題で、民主党市民連合(23人)は3日、金子氏に対する議員辞職勧告決議案を、22日開会の定例市議会に提出する考えを主要会派に伝えた。定数68の札幌市議会で公明党(9人)、共産党(5人)、市民ネットワーク北海道(3人)は賛成の方向で調整しており、賛成多数で可決する公算が大きくなった。

 民主党市民連合は賛同する会派と決議案を共同提出する考え。今回の問題で金子氏に会派離脱を勧告した自民党・市民会議は「対応を検討したい」としている。決議案が可決しても法的拘束力はなく、金子氏は議員辞職を否定している。<どうしん電子版に全文掲載>