泊原発の再稼働同意範囲は?250キロ圈なら旭川や帯広も 大飯判決、北海道内に波紋

泊原発の再稼働同意範囲は?250キロ圈なら旭川や帯広も 大飯判決、北海道内に波紋(05/23 07:25)




 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた21日の福井地裁判決が原発から半径250キロ圏内の危険性を指摘したことで、北海道電力泊原発(後志管内泊村)の再稼働問題を控える道内市町村に波紋が広がっている。再稼働には地元自治体の同意が必要とされるが、その範囲はあいまい。同意のあり方をめぐる議論が活発化しそうだ。

 「自分たちの声も聞いてほしいとの思いは強まるかもしれない」。道幹部は22日、福井地裁の判決を受け、泊再稼働問題で意思表示の場を求める自治体が増える可能性に触れた。

 原子力規制委員会の審査を終えた原発が再稼働する際、地元自治体の同意が必要とされるが、政府はその範囲を明確にしていない。

 21日の判決は、東京電力福島第1原発事故で250キロ圏内の住民に避難勧告が検討されたことを根拠に「生命などを守る人格権が侵害される危険がある」と指摘。北電と安全協定を結ぶ泊原発周辺の後志管内泊、共和、岩内、神恵内の4町村にとどまらず、幅広い自治体で再稼働への当事者意識が高まる可能性がある。

 泊原発から30キロ圏内の後志管内仁木町の佐藤聖一郎町長は「泊の再稼働は北海道全域で判断していくべき問題なのでは」と指摘。泊からの距離が最短39キロで、再稼働をめぐる協議への参加を求めている札幌市の上田文雄市長は「福島第1原発などの事故の実態を理解した判決は支えになる」と話した。<北海道新聞5月23日朝刊掲載>