【六ヶ所の使用済み核燃固化体の保管数が合計1574本に!】

【六ヶ所の使用済み核燃固化体の保管数が合計1574本に!】



「パシフィック・グリーブ号」4月22日朝、六ケ所村のむつ小川原港に到着
英国から返還ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)132本が返還。
返還は2010、11、13年に続き今回で4度目。
日本原燃高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターに搬入。

◆固化体の行方
日本原燃高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(六ヶ所)で一時貯蔵
最終処分場(!)に搬出する計画なのに、
処分地選定は難航=行きが見えない中で搬入

◆到着した固化体
英国への使用済み核燃料再処理委託
中部電力(28本)
関西電力(28本)
四国電力(28本)
九州電力(28本)
中国電力(20本)

◆日本の電力会社8社は、原発から出た使用済み核燃料の再処理を
英仏両国に委託(1969年〜2001年)
今回の搬入分を含め英国から戻った固化体は計264本。
(2019年度ごろまでに計約900本が返還される予定)
2007年に終了したフランスからの返還分を含めると
六ヶ所の固化体 の保管数は 合計1574本。