汚染水、地下水に到達 バイパス井戸にも流入か

汚染水、地下水に到達 バイパス井戸にも流入




 東京電力福島第1原発の地上タンクから汚染水約300トンが漏れた問題で、東電は5日、漏えいタンク付近で採取した地下水から、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり650ベクレル検出されたと発表した。東電は、これまで漏えい汚染水の地下水への影響は不明としていたが、今回の測定結果を受け、「地下水に到達した可能性がある」との見解を示した。
 タンク漏えい問題で地下水の汚染が確認されたのは初めて。政府が汚染水対策の柱の一つとして掲げる地下水バイパス用井戸が漏えいタンクから海側に約130メートル離れた場所にあり、この井戸の水も汚染される可能性が高まった。東電によると、地下水は、漏えいタンクから南側に約15メートルのコンクリート製堰(せき)の外側に新たに掘った井戸で4日に地下水を採取した。井戸の深さは約7メートル。井戸で検出された値がタンク内にあった汚染水の放射性物質濃度より低いことから、東電は雨水などで希釈されたとみている。
(2013年9月6日 福島民友ニュース)