映画

パソリーニの真の敵の末裔

「すべては聖なるもの」: P.P. パソリーニ生誕100年、ローマで開かれた3つの展覧会 Part1. 2022/12/19 passione-roma.com 小説『生命ある少年たち』からはじまって、映画「アッカトーネ」、「マンマ・ローマ」、「リコッタ(Go .Ro .Pa.G)」、「マテオによ…

映画「ミスター・ランズベルギス」を観て

2022-12-27 映画「ミスター・ランズベルギス」を観て takase.hatenablog.jp 仕事が一段落したので、映画『ミスター・ランズベルギス』を観に行く。 政治家なんかになるつもりはなかったと語るランズベルギス氏(映画より) 「リトアニア独立の英雄ランズベル…

パリで盛況「男はつらいよ」全作品上映 フランス人はTORA-SANの姿に何を見た 2022年12月12日

パリで盛況「男はつらいよ」全作品上映 フランス人はTORA-SANの姿に何を見た2022年12月12日 東京新聞 12月上旬、「男はつらいよ」全作品をシリーズ上映しているパリ日本文化会館には「寅さん」の写真が全面に描かれている=谷悠己撮影 寅とら年も残りわずか…

香港ドキュメンタリー映画工作者監督「理大囲城」

香港ドキュメンタリー映画工作者監督「理大囲城」 2022/12/12 時事通信 「死なば諸共」=自由と民主主義を求めた若者の挫折 “戦場”と化した学び舎の内側の真実(C)Hong Kong Documentary Filmmakers 「逃亡犯条例」改正案へ…

<聞く語る>代表・中島洋さん、支配人・中島ひろみさん 札幌「シアターキノ」開館30周年

<聞く語る>代表・中島洋さん、支配人・中島ひろみさん 札幌「シアターキノ」開館30周年 2022/12/2 北海道新聞 中島洋さん、中島ひろみさん(大島拓人撮影) 座席数わずか29の「日本一小さな映画館」として、札幌市中央区にミニシアター「シアターキノ…

崔 洋一監督死去

崔洋一監督 崔 洋一監督死去。『十階のモスキート』でスクリーンデビュー後、『血と骨』『月はどっちに出ている』『マークスの山』『カムイ外伝』などを発表し、映画界へも長きに渡り貢献 2022-11-27 シネフィル編集部 @ cinefil編集部 崔洋一映画監督十階の…

比類なき映画的感性、作風幅広く 大森一樹さんを悼む 樋口尚文

2022/11/20 09:52神戸新聞NEXT 比類なき映画的感性、作風幅広く 大森一樹さんを悼む 樋口尚文 医師の父のおもちゃであった8ミリカメラで「007は二度死ぬ」の神戸ロケを撮影していた中学生の大森一樹少年は、高校に入ってゴダール「男性・女性」に出会っ…

保守派論客に訴えられた映画『主戦場』デザキ監督、二審勝訴で「新作」に意欲 2022年10月08日

「勝訴」の紙を手に持つミキ・デザキさん(撮影:碓氷連太郎) 保守派論客に訴えられた映画『主戦場』デザキ監督、二審勝訴で「新作」に意欲 2022年10月08日 09時18分 保守派論客に訴えられた映画『主戦場』デザキ監督、二審勝訴で「新作」に意欲 - 弁護士ド…

追悼ジョスリーン・サアブ、レバノン内戦捉えたドキュメンタリーなど3本上映   2019年5月15日

追悼ジョスリーン・サアブ、レバノン内戦捉えたドキュメンタリーなど3本上映2019年5月15日 映画ナタリー編集部 1月7日に70歳で死去したレバノン出身の監督ジョスリーン・サアブ。彼女の追悼上映会が、5月18日に東京のアテネ・フランセ文化センターで行われる…

『ぜんぶ売女よりマシ』(2017年製作の映画)

『ぜんぶ売女よりマシ』(2017年製作の映画)Là où les putains n'existent pas 製作国:フランス上映時間:55分ジャンル:ドキュメンタリーあらすじ“スウェーデン・モデル”の犠牲は計り知れない――。世界初、買春禁止法が成立した国スウェーデン。そこでは、…

ケント・ギルバートさんら敗訴 慰安婦映画「主戦場」訴訟―東京地裁 2022年01月27日

ケント・ギルバートさんら敗訴 慰安婦映画「主戦場」訴訟―東京地裁2022年01月27日 時事通信 従軍慰安婦問題をめぐる論争をテーマにした映画「主戦場」に出演したタレントのケント・ギルバートさん(69)ら5人が、偏向した編集で名誉を傷つけられたなどと…

映画『#主戦場』ご報告 今年1月の一審につづき、控訴審でも原告らの訴えをすベて棄却

映画『#主戦場』ご報告 今年1月の一審につづき、控訴審でも原告らの訴えをすベて棄却する判決が下されましたことをご報告するとともに、これまでご支援くださったみなさま、弁護団のみなさまに、あらためて心より感謝を申し上げます。 合同会社 東風一同 ま…

ドキュメンタリー映画監督・原一男さんと考える水俣病事件 解決姿勢見せぬ権力 患者の葛藤映し出す

ドキュメンタリー映画監督・原一男さんと考える水俣病事件 解決姿勢見せぬ権力 患者の葛藤映し出す 09/12 13:41 更新 北海道新聞 はら・かずお 1945年山口県生まれ。東京綜合写真専門学校中退。72年に疾走プロダクションを設立し「さようならCP」で…

「教育と愛国」に込めた願い 斉加尚代(本作監督)

「教育と愛国」に込めた願い斉加尚代(本作監督) 2022年2月24日、ウクライナにロシア政府軍が侵攻した。無辜の民が犠牲になる侵略戦争を世界が目撃した日、映画『教育と愛国』の公開決定という記事がヤフーニュースに流れた。5年前のテレビ番組に追加取材を重…

ドキュメンタリー『私のはなし 部落のはなし』の複層的な「まなざし」と「語り」  大島 新

自ら作りだした「虚構」に基づく「部落差別」を、なぜ「私」たちは乗りこえられないのか ドキュメンタリー『私のはなし 部落のはなし』の複層的な「まなざし」と「語り」 大島 新 ドキュメンタリー監督・プロデューサー webronza.asahi.com ここ数年で唯一「…

「“尊厳死”の是非を問うつもりはない」──今、世界が注目する新鋭監督・早川千絵が描きたいもの。

「“尊厳死”の是非を問うつもりはない」──今、世界が注目する新鋭監督・早川千絵が描きたいもの。 高齢化が進み、75歳以上に生死の選択ができる制度が施行された近未来の日本という舞台設定の映画『PLAN 75』──生の意味を問うこの作品は、第75回カンヌ国際映…

日本映画、最高益でも働く人の6割は年収300万円未満...是枝監督ら共助目指し新団体

日本映画、最高益でも働く人の6割は年収300万円未満...是枝監督ら共助目指し新団体 2022/6/14 東京新聞 是枝裕和さんを含む映画監督らが14日、東京都内で会見し、映画業界全体の収益の一部を徴収して支援金として再分配する仏国立映画センター(CNC)を念頭…

『光のノスタルジア』 パトリシオ・グスマン

『光のノスタルジア』 パトリシオ・グスマン 宇宙の壮大さに比べたらチリの人々が抱える問題はちっぽけに見えるだろうでもテーブルの上に並べれば銀河と同じくらい大きい この映画を撮りながら過去を振り返りビー玉を見て少年時代のチリを思い出す あの頃は―…

佐々木史朗さん(83歳)-70年代、ATGの代表を務め、故・森田芳光監督ら作家性のある監督作をプロデュース。その後も中江裕司、李相日、西川美和、沖田修一を世に送り出し続けた名プロデューサー 2022-04-27 シネフィル編集部 @ cinefil編集部

[訃報] 佐々木史朗さん(83歳)-70年代、ATGの代表を務め、故・森田芳光監督ら作家性のある監督作をプロデュース。その後も中江裕司、李相日、西川美和、沖田修一を世に送り出し続けた名プロデューサー 2022-04-27 シネフィル編集部 @ cinefil編集部 故・佐…

【政界地獄耳】映画「牛久」に見る入管の実態

【政界地獄耳】映画「牛久」に見る入管の実態2022年2月1日10時17分 日刊スポーツ ★「牛久」をご存じだろうか。もちろん茨城県牛久市であるのだが、今回はその牛久にある、全国に17カ所ある東日本入国管理センターを描いたドキュメンタリー映画のタイトルだ。…

「ドライブ・マイ・カー」が受賞 G・グローブの非英語映画賞―日本作品62年ぶり

「ドライブ・マイ・カー」が受賞 G・グローブの非英語映画賞―日本作品62年ぶり 2022/1/10 【ロサンゼルス時事】米アカデミー賞の前哨戦となる第79回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)の各賞が9日(日本時間10日)発表され、濱…

ローマの高校生たちのチネマ・アメリカ占拠から10年、チネマ・トロイージの奇跡

高校生たちのチネマ・アメリカ占拠から10年、チネマ・トロイージの奇跡 | Passione - Part 2 ローマの高校生たちのチネマ・アメリカ占拠から10年、チネマ・トロイージの奇跡 2021年11月18日 CinemaCulturaCultura popolareDeep RomaOccupazione チネマ・アメ…

映画「水俣曼荼羅」が記録した甚大な人災のその後

映画「水俣曼荼羅」が記録した甚大な人災のその後瀬戸内 千代2021年11月26日 原一男監督の映画「水俣曼荼羅」が11月27日に公開される。高度経済成長期の日本で発生した公害問題がいまだに終わっていないことを示す3部作、計6時間12分のドキュメンタリーであ…

チーズ と うじ虫

チーズ と うじ虫The Cheese and the Worms加藤治代日本2005日本語中国語字幕カラー98分 余命幾ばくもない母と高齢の祖母とある小さな田舎の町で暮らす監督。澄んだカメラアイが写し出す母の闘病風景、すぐ隣に住む兄家族たちとの何気ない日々の交歓。散りば…

ボストン市庁舎

ボストン市庁舎City Hall監督:フレデリック・ワイズマン アメリカ/2020/274分 アメリカを徹底して観察し続けるワイズマン監督の新作。ホームレスの人々への支援から同性婚の承認までボストン市庁の多面的な活動にカメラを向け、民主主義の理念と実践を映…

映画『名もなき生涯』

映画『名もなき生涯』 『名もなき生涯』(2019年 テレンス・マリック)が、2020年の2月、日本で公開された。コロナがはやり始めたころだ。 第二次世界大戦時のオーストリア。ヒトラーへの忠誠を拒絶し、その信念を貫き通した一人の農夫の物語である。 彼の名…

『狼をさがして』

『狼をさがして』 1970年代半ばに連続企業爆破事件を起こしたテロリスト集団「東アジア反日武装戦線」を追ったドキュメンタリー。1974年8月30日、東京・丸の内の三菱重工本社ビルで時限爆弾が爆発し、8人が死亡、約380人が重軽傷を負った。1カ月後、「東アジ…

MINAMATA~ユージン・スミスの遺志~【テレメンタリー2020】

MINAMATA~ユージン・スミスの遺志~【テレメンタリー2020】 www.youtube.com その死から40年余り。水俣病の惨禍を世界に伝えた写真家ユージン・スミスに今再び、脚光が当てられようとしている。終わらない戦いが続く水俣病。俳優ジョニー・デップは自ら、…

女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨

女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨 2021/2/26 森達也 私的邦画論 www.newsweekjapan.jp ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN <時代と国家と良識にあらがい、自由を希求する──瀬々の志を体現する女たちとテロリスト集団…

過激な人が消えた社会 「ゆきゆきて、神軍」からの変容

過激な人が消えた社会 「ゆきゆきて、神軍」からの変容 2021/2/16 朝日新聞 映画監督の原一男さんが水俣病と闘う人々を追った「水俣曼荼羅(まんだら)」が今年、公開される。型破りの「過激な人」を主人公にしたドキュメンタリーで知られる監督だが、近年は…