地震

地震学者をだました活断層 「添水」の仮説は脆弱な前提

地震学者をだました活断層 「添水」の仮説は脆弱な前提 2014.02.21 連載:警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 産経新聞 地震学者が米国の活断層に騙(だま)されたことがある。 地震学者が、ここならば地震予知は簡単だろうと考えていた場所がある。米国…

M7以上余震、1年に6回=「引き続き注意」−気象庁

M7以上余震、1年に6回=「引き続き注意」−気象庁 気象庁は8日、東日本大震災の巨大地震について、1年間の余震状況を発表した。昨年3月11日の本震は国内観測史上最大のマグニチュード(M)9.0だったが、余震は広範囲で発生し、M7.0以上が6…

震災がれき広域処理は問題の山 環境総合研・池田副所長に聞く

震災がれき広域処理は問題の山 環境総合研・池田副所長に聞く 2012年2月15日 東京新聞 野田政権が復興庁の発足を機に、宮城、岩手両県で発生した震災がれきの 広域処理キャンペーンを一段と強力に推進し始めた。旗振り役の環境省は 「がれきは安全」…

極東で1カ月内にM7級地震予測 ロシア・カムチャツカ当局

極東で1カ月内にM7級地震予測 ロシア・カムチャツカ当局 (02/13 北海道新聞) 【ウラジオストク共同】ロシア極東のカムチャツカ地方政府は13日、地元のロシア科学アカデミーの地球物理学研究者による予測として、今後1カ月以内に同地方南部でマグニチ…

首都直下地震:発生確率4年以内に70%…東大地震研試算

首都直下地震:発生確率4年以内に70%…東大地震研試算 首都直下地震など、マグニチュード(M)7クラスが懸念されている南関東での地震について、今後4年以内に発生する確率が約70%に達する可能性があるとの試算を、東京大地震研究所のチームが23…

再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました

再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました北大理学研究院付属地震火山研究観測センター 森谷武男 VHF電磁波の地震エコー観測からふたたびM9地震が発生する可能性が高まっていることをお知らせします.2011年3月11日の東北地方太平洋…