長島愛生園 加賀田一さん   回復

長島愛生園 加賀田一さん
 

回復

「いつの日にか帰らん」P135~P138抜粋


 前にも書いたように、愛生園の開園記念日は毎月二十日にありました。この日は全員が集合して光田園長の訓話を聞いた後、園歌を歌い、戦前戦中は宮城揺拝を行いました。そして月に一回、この日だけ麦の入らない白いご飯が出ました。それ以外、白いご飯というものを食べたことはありませんでした。麦と半々ですが、その半分も政府の払い下げになった五年も経ったような古米を混ぜているから、蒸気で蒸すとプーンと臭った「臭い飯」でした。

 米の代わりとして、イモやらスイトンといった代用食が戦後も続きました。そんな食料難のおりに母が来てくれたわけです。私は初めて真っ白な米に出会いました。全部白米のお粥です。母が持ってきてくれた米で初めて白いご飯を炊きました。いまだに忘れられないのは、米というのはこんなに力があるものかと感じたことです。お粥を炊いて食べただけで、気分がサッと変わりました。

 母が来て以来、お粥とご飯を毎日食べて、日に日に力がつくなあと実感しました。食べ物によってこれだけ体調が違ってくるという感覚はいまだに忘れられません。実は、母が家内にと置いていった焼きサバも、私が三本とも食べてしまって、家内には悪いことをしたと後悔しています。

 最初のプロミン注射の副作用でかなりダメージを受けましたが、その後、どうにか回復することができました。犀川先生の診断で「アゴの下に開いた穴が治らなかったら結核、治ればハンセン病。しかし他の人が治ってゆくので、これを続けて行きます」と言われましたが、結果的に治ったので、やはりハンセン病でした。

 体調も次第に良くなりましたが、午後は衰弱のため二百メートルある注射室まで行けなくなり、午前中だけプロミンを打つようにすると、全身の潰瘍が目に見えて治って来ました。潰瘍が乾いてきて、カサブタ状のものがはがれると中からきれいな皮膚が現れます。汚れのないその皮膚を見たときは赤ん坊の生まれたての柔らかな肌のように感じました。結局、二回の注射が多すぎたということです。私には一回で3CCの注射が適量だったわけです。過剰投与による薬禍でした。

 プロミン注射によって三ヶ月くらいで陰性になった人もいますが、人によって違います。私は菌陰性になるまで四年かかりました。医師に聞くと、どんなによく効く薬でも100%の人に効果があるということはあり得ないそうです。それだけ人体とは複雑で一人一人が違うものなのでしょう。

 らい予防法改悪反対闘争が繰り広げられた1953(昭和28)年、厚生省で座り込みを敢行するので東京へ行ってくれという話がありましたが、私は病み上がりだったため、行くことができませんでした。

 プロミンの副作用で大変な目に遭い、その後どうにか回復しましたが、この間、病気のことを「母に言わなければよかったなあ。黙って隠れとったほうがよかったな」と何回も思ったものです。母は農家の嫁です。突然、大切なお米を実家に立ち寄って持ち出し、一晩家を空けてまで私のところへやって来たわけですから、そこにはずいぶん難儀なことがあったと思います。帰ってからもいろいろと詰問されたに違いありません。ずっと黙り続けることもできないでしょう。余計な心配や苦労を増やしてしまったことをつくづく反省しました。その思いが次の十年間の別れになりました。

 

プルサーマル発電、同意自治体に交付金「復活」へ 経産省が22年度

プルサーマル発電、同意自治体に交付金「復活」へ 経産省が22年度

2022/1/16 朝日新聞

 

f:id:shuuei:20220117033630j:plain

 原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再利用する「プルサーマル発電」をめぐり、経済産業省は受け入れに同意した地元自治体に交付金を配る制度を2022年度に復活させる。大手電力会社は30年度までに12基以上で導入をめざすが、現在は4基にとどまるなど行き詰まっている。地域振興に使える交付金を出すことで、地元同意を促したい考えだ。

 プルサーマルは、国が推進する「核燃料サイクル政策」の一環で、使用済み燃料を再処理して取り出したプルトニウムとウランを混ぜた混合酸化物(MOX)燃料を原発で再び使う。プルトニウムを取り出す日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)は22年度上期の完成を予定するが、プルサーマルが広がらなければ、工場の稼働は制限される。日本は核兵器の原料にもなるプルトニウムを約46トンもち、さらに増やすことには国際的な懸念が強い。

 プルサーマル交付金をめぐっては、08年度までに受け入れに同意した都道府県に最大60億円を出す制度や、14年度までに同意すれば最大30億円を配る制度があった。福井や愛媛、佐賀など8道県が交付対象になったが、今は新たな申請ができない。そのため経産省は、過去の交付金の対象にならなかった原発がある自治体向けの新たな制度を導入する。日本原子力発電東海第二(茨城県)や北陸電力志賀(石川県)などが対象となる見通しで、金額は最大で数十億円規模とみられる。

 大手電力会社でつくる電気事業連合会は、30年度までに少なくとも12基でプルサーマルを始めたい考えだが、これまでに実施したのは関西電力高浜3、4号機(福井県)、四国電力伊方3号機(愛媛県)、九州電力玄海3号機(佐賀県)の4基。過去の交付金の対象となっている中部電力浜岡(静岡県)や中国電力島根(島根県)などの原発は、原子力規制委員会の審査や地元同意の手続きが難航して再稼働の見通しが立たない。国民の原発への不信感が根強い中、安全面でより慎重な対応が求められるプルサーマルの導入拡大はさらに難しいのが実情だ。(長崎潤一郎)

 

ロボット不具合「原因分からない、見通し不明…」 福島第一原発1号機、高線量の内部調査に高い壁 2022年1月15日

ロボット不具合「原因分からない、見通し不明…」 福島第一原発1号機、高線量の内部調査に高い壁
2022年1月15日 東京新聞
 
 
 東京電力福島第一原発福島県大熊町双葉町)の1号機原子炉で予定されていた内部調査が、ロボットの不具合で開始できずにいる。溶け落ちた核燃料(デブリ)が残る格納容器内は放射線量が高く、人が近づけない。遠隔操作を余儀なくされる作業は、これまでもトラブルが連続。事故から11年が近づく中、高い壁が行く手を阻み続ける。(小野沢健太)

◆甘かった事前準備

 「原因が分からない。対策の見通しも不明で、調査の再開時期は未定です」
 13日の記者会見で、東電の広報担当者はあいまいな受け答えに終始した。当初計画から2年以上遅れた1号機の内部調査は、12日に始まるはずだったが、出だしからつまずいた。
 メルトダウン炉心溶融)した1~3号機のうち、デブリとみられるものが確認できていないのは1号機だけ。今回の調査は、ロボットが6種類あって多機能な上、調査に約7カ月かけるなど、これまでの遅れを取り戻そうと盛りだくさんな計画となっている。
 最初に投入する水中ロボット(直径25センチ、長さ111センチ)は調査ルートをつくる。直径30センチの輪(ガイドリング)を取り付け、後続機がその中を通ることでケーブルが絡まないようにするため、広報担当者は「調査にとって必須」と強調する。
福島第一原発の格納容器調査の状況

福島第一原発の格納容器調査の状況

 ところが、事前の準備が甘かった。事前試験は各機器の動作確認にとどまり、同時に動かして発生した線量計の不具合などに、すぐに対応できなかった。

◆過去には「置き去り」も

 原因特定には時間がかかる見通しだ。同様の不具合が他のロボットでも起きれば、格納容器内の映像や立体的な構造把握、水中にある砂状の堆積物の採取などの計画が進まず、頓挫しかねない。
 複雑な装置が効果を上げにくいことは、これまでの調査から分かっている。2017年に3号機の格納容器内でデブリとみられる堆積物を撮影した水中ロボットは、今回に比べて長さが4分の1程度で単純な構造だった。主要な目的を撮影に絞ってもいた。
 2号機でデブリと断定できる堆積物の撮影に成功した18年の調査は、ロボットではなく、作業員が先端にカメラを付けたパイプ(長さ13メートル)を挿入。この前年には、カメラ付きの「サソリ」と呼ばれるロボットを投入したものの、堆積物に乗り上げて回収できずに炉内に残ったままだ。

◆屋外では「人力」で対処できるが…

 遠隔操作の作業は、原子炉がある建屋の外でも常に困難と隣り合わせだ。
事故収束作業が進む東京電力福島第一原発。左から1号機、2号機=福島県大熊町で

事故収束作業が進む東京電力福島第一原発。左から1号機、2号機=福島県大熊町

 地震で倒壊の危険があり、高濃度に汚染されていた1、2号機建屋そばの排気筒を、約60メートルと半分の高さにまで切断した作業(19~20年)では、大型クレーンでつり上げた切断装置ののこぎりの刃が筒に挟まり、動けなくなった。この時は作業員が高さ110メートルの筒頂部に設置した切断装置にまでクレーンで上って電動工具で切る、「人力」でトラブルをしのいだ。
 1月下旬には、この排気筒につながる汚染配管の切断も予定する。当初は4カ月前に始まるはずだったが、遠隔操作する切断装置に不具合があり、クレーンも故障して計画が遅れた。
 年内には2号機でデブリ採取が予定されている。原子炉内でトラブルが起きても、人力には頼れない。

 

『海をあげる』(筑摩書房)   著:上間陽子

d4p.world

 

 

『海をあげる』(筑摩書房
  著:上間陽子

www.chikumashobo.co.jp
海をあげる 上間 陽子 著
おびやかされる、沖縄での美しく優しい生活。幼い娘のかたわらで、 自らの声を聞き取るようにその日々を、強く、静かに描いた衝撃作。
 

何気ない日々に忍び込み、食い込み、そして浸食してくる、沖縄への差別。隣り合う基地と、それを語れないほど切実な営みの中にある人々――上間さんが一つひとつ紡ぐ言葉の繊細さ、柔らかさ、鋭さに、ぐいぐいと引き込まれていく。その言葉は、暗闇の中でなお輝く、尊厳の光のようだった。

1995年、沖縄で小学校4年生だった女の子が4人の米兵に拉致され、強姦される事件が起きた。その後、県内では8万5,000人の人々が抗議集会に集った。当時、東京の大学院に在籍していた上間さんに、指導教員の一人がこう語ったという。

「すごいね、沖縄。抗議集会に行けばよかった」
「怒りのパワーを感じにその会場にいたかった」

引き裂かれるような思いでいる沖縄の人々と、その言葉は遠く離れていた。沖縄に基地を押し付けているのは誰か、この事件の「加害者」は誰なのか。上間さんはこう綴っている。

「沖縄の怒りに癒され、自分の生活圏を見かえすことなく言葉を発すること自体が、日本と沖縄の関係を表していると、私は彼に言うべきだった」

一度、上間さんの中で「沈んだ」その言葉が、本の中で、私たちの前に浮かび上がる。この本が本屋大賞の「ノンフィクション本大賞」を受賞した時、上間さんはスピーチでこう語っていた。

「この賞が発表されて、明日から、Yahooのコメント欄は荒れるでしょう」「日本中を覆う、匿名性を担保にした悪意の言葉が、どれほど人を奈落の底に突き落とすのか、Yahooの関係者、偉い方々に考えて頂けたら」「私たちが見たかったのは、本当に、こういう社会なのでしょうか」

Yahoo!の意思決定に関わる立場の人々に、この言葉が届いているだろうか。

 

崖っぷちの日本原燃 核燃再処理工場 26度目の完成延期は必至 工事計画不十分で規制委審査進まず

崖っぷちの日本原燃 核燃再処理工場 26度目の完成延期は必至 工事計画不十分で規制委審査進まず

2022/1/13 東京新聞

TOKYO Web / https://buff.ly/3toNvmP 

 

原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す再処理工場(青森県六ケ所村)は、26回目となる完成延期が避けられそうにない。事業を担う日本原燃(同)の能力不足が露呈して、稼働に必要な原子力規制委員会の審査は申請から1年でようやく入り口に立った状況だ。原燃が掲げる「2022年度上期」の完成目標時期まで8カ月ほど。時間切れが迫っている。 (小野沢健太)
 核燃料サイクル 原発の使用済み核燃料から再処理という化学処理でプルトニウムやウランを取り出し、混合酸化物(MOX)燃料に加工して原発高速増殖炉で再利用する仕組みで、日本政府の原子力政策の柱。高速増殖炉は使った以上のプルトニウムを生み出す夢の計画だが、原型炉もんじゅ福井県)の廃炉で頓挫した。放射性廃棄物の有害度を下げる高速炉の開発に転換したが、実用化のめどは立っていない。
◆「期待して」との言葉に、漏れる苦笑い
 「審査チームは原燃に温度を感じない。何かやらないとだめですよ。どうしたら状況は変わりますか」
 12日夕、東京・六本木のビルに入る規制委の会議室。更田豊志ふけたとよし委員長は、意見交換で訪れた原燃の増田尚宏社長に問い掛けた。他の委員からも、再処理工場などの稼働に必要な設備の設計をまとめた工事計画の審査を巡り、原燃への不満が相次いだ。
 増田氏は東日本大震災時に東京電力福島第二原発所長として事故対応を指揮しており、現場に精通する。審査対応への不備を認め「社内の審査をやっている人たちとの温度差を非常に感じます」と吐露した。増田氏は、社内改革を進めて審査対応が変わってきているとし「期待してもらいたい」と強調すると、更田氏ら委員から苦笑いが漏れた。
◆組織をてこ入れ 400人が同じ場所で作業
 増田氏は意見交換後、記者団に、完成予定時期は「今のまま目標を変えずにできると思う」と断言。だが強気な言葉と裏腹に、審査は全く進んでいない。これまでの審査で規制委事務方の原子力規制庁は、原燃が作る審査資料はデータや根拠が不十分だと指摘し、抜本的な再検討を求める場面が繰り返されてきた。
 原燃は各部署間のやりとりが不十分だったとして、組織をてこ入れした。昨年12月からは社内の体育館に机を並べ、社員や下請け企業の約400人が同じ場所で作業。大手電力各社から50人以上の応援も受け、資料作成を進めている。
 昨年6月には、九州電力原発の審査責任者を務めた須藤礼上席執行役員が原燃の専務執行役員として出向し、11月に審査の総括責任者に。役員級の生え抜き3人を「社内プロフェッショナル」と位置づけ、対応の責任を明確化した。
◆突き付けられた最後通告
 それでも昨年末の審査会合では、有毒ガス対策に関する再検討が、規制庁側が求める水準に達していなかった。原燃は「やり直しの過程も見てほしい」と資料提出などの手続きを進めようとした。規制庁の担当者は言葉を強めた。「検討の途中なのに『こういうところが足りませんね』と、われわれに言ってほしいんですか。そうなると、われわれと一緒に申請書を作っているのと変わらないじゃないですか」
 耐震性に関する説明でも原燃側は規制庁が納得する説明ができず、会合に参加した九電社員が助け舟を出す場面もあった。終盤には、規制庁の担当者が原燃の社内プロフェッショナルに最後通告を突き付けた。「ここが崖っぷち。あなたたちが崩れたら次は登場人物がいなくなる」

 

NHK大阪拠点放送局 河瀬直美監督に密着の「五輪ドキュメンタリー」で謝罪…捏造は否定

NHK大阪拠点放送局 河瀬直美監督に密着の「五輪ドキュメンタリー」で謝罪…捏造は否定

2022/1/9

 

 NHK大阪拠点放送局は9日、昨年12月26日に放送(30日に再放送)されたNHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」を巡る問題について会見を開き、謝罪した。

 同番組は、来年6月公開予定の東京五輪公式記録映画で監督を務める河瀬監督や映画製作チームに密着したドキュメンタリーで、大阪拠点放送局が制作した。

 番組では、同映画で街の取材を行っていた映画監督の島田角栄氏に同行。東京五輪のデモに参加したという男性へインタビューする場面で、男性が「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」とのテロップが入ったことから放送終了後、五輪賛成派、反対派の双方から「印象操作だ」などと異論が噴出。騒動となっていた。

 視聴者からも「この男性はデモに参加したのか」などと電話が寄せられため、同局は年が明けてから男性と接触して再確認。堀岡淳局長代行は「男性は取材時『これまで複数のデモに参加して現金を受け取ったことがあり、五輪反対のデモにも参加して、お金を受け取る意向がある』と話していた。(再調査で)『五輪デモに参加はしていない』と言っているが、実際に出ていなかったかどうかは我々としては確認できていない。男性の記憶もあいまいだった」と話し、取材担当ディレクターのコミュニケーション不足、思い込みがあったとして「事実の捏造、ヤラセといったことではない。担当者の確認が不十分。(男性がデモに)参加したと思い込んで、字幕の一部に入れ込んだ」と説明した。

 五輪開催の賛否に対する意図があったのかについては「河瀬監督、島田監督に密着したドキュメンタリーがベース。五輪の賛否を問う番組ではない。河瀬監督がどう描かれるかに力点を置いた」と語った。

 その上で、番組の取材・制作は全てNHKの責任で行っており、公式記録映画とは内容が異なるとして、河瀬監督や島田監督ら関係者、視聴者に謝罪した。

東京スポーツ

 

首相の伊勢参拝は違憲だ   前川喜平  

首相の伊勢参拝は違憲だ   前川喜平

2022/1/9 東京新聞


 岸田文雄首相は4日に伊勢神宮を参拝した。首相の正月の伊勢神宮参拝は1967年の佐藤栄作き喜首相以来の慣行だ。
 岸田氏が個人としてど前の神社にお参りしようとそれは全く自由だ。しかし岸田氏は内閣総理大臣として参拝した。信教の影自由の保障と政教分離原則を定めた憲法第20条は、第3項で「国及びその機関は...いかなる宗教的活動もしてはならない」と規定している。内閣総理大臣は国の機関だ。伊勢神宮参拝は宗教的活動だ。 だから内閣総理大臣のが正月に伊勢神宮参拝をする慣行は憲法違反だと1考えざるを得ない。
 仏教寺院であれキリスト教教会であれ、首相の立場で参拝すれば憲法違反だ。しかし伊勢神宮参拝の違憲性はもう一段高い。なぜなら日本国憲法政教分離原則の狙いは天皇を神格化した国家神道の廃止にあったのであり、天皇の祖先とされた天照大御神を祀る伊勢神宮国家神道の最高位の神社だったからである。
 首相の靖国神社参拝にも同じ憲法問題がある。過去の軍国主義との関係やA級戦犯の合祀の問題に焦点が当たることが多いが、1985年の中曽根康弘首相の靖国神社公式参拝については、1992年の福岡高裁と大阪高裁の判決が政教分離原則に照らして違憲の疑いがあると述べている。首相の靖国神社参拝も外交問題である前に憲法問題なのである。(現代教育行政研究会代表)