福島県在住の詩人,和合亮一さんの詩

福島県在住の詩人,和合亮一さんの詩 

 

 行き着くところは涙しかありません。私は作品を修羅のように書きたいと思います。

 放射能が降っています。静かな夜です。

 この震災は何を私たちに教えたいのか。教えたいものなぞ無いのなら、なおさら何を信じれば良いのか。

 この世に絶対は無い。果実に絶対は無い。

 人類は原子力の素顔を見たことがあるか。余震。

 制御不能。言葉の脅威。余震。

 あなたにとって故郷とは、どのようなものですか。私は故郷を捨てません。故郷は私の全てです

 今、これを書いている時に、また地鳴りがしました。揺れました。息を殺して、中腰になって、揺れを睨みつけてやりました。命のかけひきをしています。放射能の雨の中で、たった一人です。

 あなたには大切な人がいますか。一瞬にして失われてしまうことがあるのだ…と少しでも考えるのなら、己の全存在を賭けて、世界に奪われてしまわない為の方法を考えるしかない。.

 私の大好きな高校の体育館が、身元不明者の死体安置所になっています。隣の高校も。

 静かな夜です。とても静かな夜。放射能の吐息。

 これほど「福島」の地名が、脅威に響くとは。鹿の鳴き声。

 眠り方が分からないのです。揺り動かされるからです。どうすればいいのですか。潮鳴り。花吹雪。口笛。鳥のさえずり。雲の切れ間。

 人が旅立つ場所が無い、行き交う場所が無い、帰る場所が無い。時計は2時46分で止まったままです。

 お願いです。南相馬市を救って下さい。浜通りの美しさを戻して下さい。空気の清々しさを。私たちの心の中には、大海原の涙しかない。

 僕はあなたの心の中で言葉の前に座りたいのです。あなたに僕の心の中で言葉の前に座って欲しいのです。生きると覚悟した者、無念に死に行く者。たくさんの言葉が、心の中のがれきに紛れている。

 2時46分に止まってしまった私の時計に、時間を与えようと思う。明けない夜は無い。

 

 

沖縄戦の犠牲者が眠る南部の土砂「軍事基地に使わせないで」遺骨収集ボランティアがハンガーストライキ

沖縄戦の犠牲者が眠る南部の土砂「軍事基地に使わせないで」遺骨収集ボランティアがハンガーストライキ

2021年3月1日 12:26 沖縄タイムス

 


 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄本島南部からの土砂採取断念を訴えている沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)が1日午前、那覇市の県庁前広場でハンガーストライキを始めた。有志とともに6日まで水分以外を取らず抗議の意思を示し、沖縄防衛局に計画の断念を、玉城デニー知事に中止命令を求める。

 


 具志堅さんは「戦没者の血の染み込んだ土砂を遺骨と共に軍事基地建設の埋め立てに使うのは戦没者への冒涜」と強調。「政府には戦争で殺された人々、死者に対する畏敬の念が感じられない。国はまず計画を断念すべきだ」と訴えた。

 新基地建設に賛成か反対か以前に「戦没者の尊厳を守る人道上の問題」と指摘。「家庭で1食だけでも抜いて、戦没者の遺骨を守るという共感・参加の意思を示して」と呼び掛けた。

 沿道への第一声では、沖縄戦時に糸満市の山城壕で家族で生き埋めとなった犠牲者について語った。「助けてぃくみそーりよー(助けて下さい)」と叫んだ母親の思いを玉城知事に届けたいとし、「沖縄戦犠牲者が今なお眠る南部の土砂を軍事基地のために使わせないでください」と求めた。

 沖縄防衛局は辺野古の新基地建設に向けた設計変更申請で、県内土砂調達可能量の約7割を糸満市八重瀬町から採取する計画。糸満市の「魂魄の塔」西側の鉱山では業者が自然公園法に基づく開発届け出を1月に出しており、県が受理すれば工事が再開される。

 同所では戦没者とみられる遺骨が見つかるなど南部は沖縄戦犠牲者の遺骨が今も残る。具志堅さんら反対する市民は自然公園法33条2項に基づく風景保護を根拠に、知事が中止命令を出すべきだと訴えている。

 

 

豊かな故郷 原子力に狂わされぬよう

 2/25朝日新聞青森版「りんご🍎の目」


豊かな故郷 原子力に狂わされぬよう
 記者生活の最後は生まれ故郷の青森県内で仕事をしたいと考え、3年前に希望してむつ市へ赴任してきました。
 管内の下北半島六ヶ所村核燃料サイクル施設はじめ、東通村原発など俗に「核燃半島」と呼ばれるくらい原子力施設が集中しています。そこで暮らしている同郷の人たちが、どんな思いから施設を受け入れてきたのか、つぶさに見たいという思いからでした。
 この間取材して意外に思ったことがあります。むつ小川原開発やそれが失敗した後に持ち上がった六ヶ所村の核燃サイクル計画に、最初は強い反対が住民の中にあったという事実です。横浜町など特に陸奥湾内の漁業者たちは地道な努力でホタテ養殖を成功させ、それが軌道にのりつつありました。だからこそ「おらが海」を守るため、原子力船むつの試験航海を阻止しようと何十隻もの漁船を出し、海上を封鎖する運動が起こったのです。しかし巨額の開発マネーが人々を狂わせました。生活に破綻し、故郷を離れた人も大勢いたそうです。
 私は、原発がある新潟県柏崎市でも勤務したことがあり、国が進めてきた原子力政策はまことにずるいものだと考えています。片田舎の地域にわずかばかりの「お金」という薬を与え、薬漬けにする。そうすれば、どんなことでも受け入れる、と踏んでいるように思えてなりません。
 東北地方を指して「白河以北一山百文」という言葉があります。新聞社に入社してしばらくたって知ったのですが、明治維新以降、東北は「福島県白河市から北の土地は山一つが百文くらいの価値しかない」と蔑視されてきたのです。でも私なら「それは違いますよ。東北は土地も心も豊かなところですよ」ときっぱり言い返します。
 2月25日付で、朝日新聞社を退職することになりました。これが私の最後の「りんごの目」です。
(伊東大治)

 

女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨

女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨

 2021/2/26 森達也 私的邦画論

 

www.newsweekjapan.jp

 
女相撲×アナキスト 『菊とギロチン』に見る瀬々敬久の反骨

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<時代と国家と良識にあらがい、自由を希求する──瀬々の志を体現する女たちとテロリスト集団の計画は失敗ばかりだが...>

欠点だらけだが嫌いになれない友人がいる。あるいは欠点は目につかないのに魅力を感じることができない人もいる。映画もそういうものかもしれないと時おり思う。いや映画だけではなく、そもそも表現とはそういうものなのだろう。

この映画は発表直後には、「女相撲アナキスト」というサブタイトルが付いていたらしい。正式なタイトルは『菊とギロチン』。どちらにせよ意味が分からない。「菊」は何か。僕は「菊の御紋」を意味しているのだろうと何となく思い込んでいたが、この原稿のために調べたら、実在したテロリズムアナキズム)集団「ギロチン社」の中心メンバーで映画の主役でもある中濱鐵(なかはまてつ)が残した短歌「菊一輪 ギロチンの上に微笑(ほほえ)みし 黒き香りを遥かに偲(しの)ぶ」が由来らしい。いやそれとも、女相撲の新人力士でもう1人の主役「花菊ともよ」の名前なのか。いややっぱり菊の御紋なのか。......分かんないよ。

これが瀬々敬久の一つの流儀だ。過剰な説明はしない。平気で観客を置き去りにする。言い換えれば、菊の解釈などどうでもいいと思っているのかもしれない。

瀬々にはたくさんの顔がある。そもそもはピンク映画の巨匠だった。ドキュメンタリー作品も数多い。実際に起きた事件を題材にする社会派でもある。さらに大ヒットしたメジャー映画『感染列島』や『64─ロクヨン─』なども監督している。

要するに不器用な職人、いや器用なのか。よく分からない。そういえば風貌も宮大工の親方みたいだ。でも繊細。そしていまだに女性を土俵に上げない大相撲に対するアンチとして屹立(きつりつ)する「女相撲」と、テロリスト集団である「ギロチン社」を主軸に置いた映画を監督することが示すように、徹底して反骨だ。

舞台は関東大震災直後の日本。全国を旅しながら興行していた「女相撲」一座の女たちが、「ギロチン社」の男たちと出会う。ここはもちろんフィクション。彼らの共通項は、時代と国家と良識へのあらがい。それは自由への希求。でも国家は放埓(ほうらつ)な自由を許さない。テロを黙認するはずもない。男たちは要人暗殺を計画する。しかし失敗ばかり。女たちは連れ戻しに来た家族に抵抗できない。結局は勝てない。でも彼らは必死にあらがう。浜辺で踊り狂う。新しい世界を夢見ながら。以下は公式サイトに掲載された瀬々のコメントだ。

「十代の頃、自主映画や当時登場したばかりの若い監督たちが世界を新しく変えていくのだと思い、映画を志した。僕自身が『ギロチン社』的だった。数十年経ち、そうはならなかった現実を前にもう一度『自主自立』『自由』という、お題目を立てて映画を作りたかった。今作らなければ、そう思った。(後略)」

 

映画の終盤、官憲から逃亡する男が花菊を夫から引き離す場面でいきなりタイトル。何で今頃。でもきっとこれも瀬々の抵抗なのだ。しかも尺は189分。無謀だ。欠点だらけ。だからこそ大切な作品だ。

ちなみに(ここまで書いておきながら申し訳ないが)僕がいちばん好きな瀬々の映画は、地下鉄サリン事件天安門事件と東電OL事件をモチーフにし、超能力を隠し味に使いながら死と暴力を描いたエロ映画『トーキョー×エロティカ』だ。

 

magmori210226_guillotine2.jpg菊とギロチン(2018年)
監督/瀬々敬久
出演/木竜麻生、東出昌大、寛 一郎、韓 英恵

 

 

米軍、シリアの親イラン勢力に空爆 バイデン政権下初

米軍、シリアの親イラン勢力に空爆 バイデン政権下初

 

2021/2/26 日本経済新聞

 

 

【ワシントン=中村亮】米国防総省は25日、米軍がシリア東部で親イラン武装勢力の施設に対して空爆を実施したと発表した。2月中旬以降にイラクで起きた米国の関連施設に対する攻撃への対抗措置だと説明した。イランが反発する可能性がある。

国防総省は声明で、バイデン大統領が攻撃を承認したと説明した。バイデン政権が親イラン勢力を対象に攻撃を行ったことが明らかになるのは今回が初めて。イランが後ろ盾とされるイスラムシーア派武装勢力「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」らが使用する複数の施設を破壊したという。

国防総省空爆の目的について「バイデン大統領は米国人や有志国連合の人員を守るという明確なメッセージを(イランに)送るものだ」と強調。空爆を「防御的な精密攻撃だ」とも説明した。攻撃対象を限定しつつも、武力を誇示することで武装勢力による追加攻撃を抑止する狙いがある。

イラク北部アルビルでは15日、米軍駐留拠点の近くにロケット弾による攻撃があり少なくとも10人が死傷し、負傷者には米国人が含まれた。22日にも在イラク米大使館が位置する首都バグダッドの旧米軍管理区域(グリーンゾーン)に攻撃があった。ともに親イラン武装勢力の関与が疑われていた。

バイデン政権はイラン核合意への復帰に向けてイランに対話を促してきた。空爆に対してイランが反発すれば対話の機運が後退するリスクがある。国防総省は「シリア東部やイラクの緊張緩和を目指して用心深く行動している」とも強調。イランとの対立を望んでいないとの立場をにじませた。

 

 

破綻よそに高額報酬 資本主義、危機が問う進化

破綻よそに高額報酬 資本主義、危機が問う進化
パクスなき世界 夜明け前(5)

2021/2/25 日本経済新聞

 

 

企業の目的は利益だけなのでしょうか――。

「この計画は腹立たしい」。2020年9月、米レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングスの破産手続きを進める裁判で、裁判官の厳しい言葉が何度も発せられた。批判の矛先は経営陣にボーナスとして合計540万ドル(約5.7億円)を支払う計画。同社は一時解雇を含め1万6千人を削減した一方、破産申請の数日前にも役員に高額の特別手当を支給した。


米百貨店大手JCペニーは破産申請の直前に最高経営責任者(CEO)に450万ドルを支払った。経営責任を問われるはずの幹部が利益を得ていた。従来、正当化されてきた米国の経営トップの高額報酬のひずみはコロナ禍で拡大している。


コロナ禍で経営陣の高額報酬に批判の声があがる(2020年6月、メキシコシティ)=ロイター
資本主義では企業を中心に利益を追求する行動が経済全体のパイを拡大してきた。18~19世紀の産業革命以降、企業を通じ雇用や所得が増え、中間層が大衆消費社会を支えた。企業の成長で労働者も恩恵を受けられた。

21世紀は大量雇用が不要なデジタル経済に軸足が移り、企業が生む利益と労働者への配分は同じベクトルとはならない。国際労働機関(ILO)によると、17年の世界全体の労働分配率は51.4%と04年から2.3ポイント低下。労働者に回る富は限られ、経済のダイナミズムが失われつつある。


危機の度に企業のあり方は問われる。08年のリーマン・ショックで金融機関幹部らの強欲さが批判された。コロナ禍は放置されてきた問題の深刻さを浮き彫りにした。

共通の未来を描きにくい今、企業は社会における存在意義を自問する。「コロナ禍で優先したのは従業員と顧客の安全」。米ゼネラル・モーターズGM)のメアリー・バーラCEOは1月、デジタル技術見本市「CES」で強調した。人類の危機に際し、同社は「我々には製造業の専門知識がある」と、人工呼吸器を3万台、マスクを2億枚生産した。

行き過ぎたテック企業の流儀への対抗軸も広がる。「フェイスブックは『監視資本主義』に陥っている」。マーク・ワインスタイン氏は利用者のデータを使い広告収益を得るモデルに疑問を感じ、16年に広告なしのSNS(交流サイト)の「MeWe」を立ち上げた。基本料金は無料で、追加機能を使いたい利用者が料金を支払う仕組みだ。

プライバシーを重視する消費者が他のSNSから乗り換え、足元で1700万人が使う。ワインスタイン氏は「顧客のデータを売らない倫理的な企業をめざした。本来の資本主義は顧客に喜んでもらい信頼関係を構築するものだ」と訴える。

21年3月期に初の純利益1兆円超えを見込むソニー。18年に社長に就いた吉田憲一郎氏が最も力を入れたのが、企業の存在意義の再定義と社員・株主などとめざす方向性の共有だ。その価値観を人工知能(AI)活用の規範にも反映し、自社製品が人類に悪影響を及ぼさぬよう自らを律する。

 

総理が怒っていますよ…官邸からNHKへの「クレーム電話」その驚きの中身 再びの圧力

総理が怒っていますよ…官邸からNHKへの「クレーム電話」その驚きの中身

再びの圧力

2020/11/15 週刊現代

 

gendai.ismedia.jp

 

局内がザワついた「一本の電話」
「説明できることとできないことがある」

キャスターを睨みつける菅義偉総理に、現場のスタッフは息を呑んだ。

国会開会の当日、10月26日夜のNHK『ニュースウオッチ9』に菅総理が生出演。終わり際、日本学術会議任命問題について何度も質問され、露骨に不愉快そうな表情を浮かべた一幕である。

その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた。

「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」

 


電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。

「この件は理事のあいだでも問題となり、局内は騒然となりました。総理が国会初日に生出演するだけでも十分異例。そのうえ内容にまで堂々と口を出すとは、安倍政権のときより強烈です」(NHK幹部職員)

菅氏は官房長官時代にメディア、特にNHKに対してたびたび圧力をかけてきた。時にはそれがキャスターの降板や記者の人事にも影響したとされるが、実は安倍政権下で官邸入りし、菅氏のもとでメディア対策に従事したのが山田氏だ。

 

総務省出身の山田氏は'13年に広報担当の総理大臣秘書官に抜擢され、'15年まで務めた。新政権発足で菅総理が再指名し、9月から官邸で唯一の女性幹部となっている。

彼女の古巣である総務省キャリア官僚はこう言う。

 

「当時、初の女性首相秘書官として注目されましたが、省内では実力に疑問符がついていたこともあり、『菅氏に気に入られて登用された』と陰口を叩かれていました。

案の定、他の官邸幹部と折り合いが悪く、2年で出されることになった。今回はいわばリベンジの機会ですから、力が入っているのでしょう」

今後も、安倍官邸にいた時以上の「忖度力」を発揮するに違いない。

週刊現代』2020年11月14・21日号より