発電ほぼゼロで収入1兆円 日本原電8年間分、本紙集計

発電ほぼゼロで収入1兆円 日本原電8年間分、本紙集計

2019/5/23 朝日新聞

 

 原発専業会社の日本原子力発電が、2011年度からの8年間で発電がほぼゼロだったにもかかわらず、大手電力5社から受け取った電気料金が計1兆円近くになった。「基本料金」を支払う仕組みがあるためだ。23日に発表された18年度の決算資料などから朝日新聞が集計した。一方、原電がめざす東海第二原発茨城県)の再稼働は、テロ対策施設の建設問題で不透明感が増している。

 原電は原発を4基保有していたが、2基は廃炉作業中だ。残る2基のうち、東海第二は11年3月の東日本大震災で運転停止に。敦賀原発2号機(福井県)は同年5月上旬に止まり、それ以降の発電量はゼロだ。

 発電をしていない原電に電気料金を支払っているのは、東京電力ホールディングス(HD)、関西電力中部電力北陸電力東北電力の5社。18年度の決算資料によると、原電は原発の維持、管理費などの「基本料金」として5社から計1091億円の電力料収入を得た。震災後の11年度から年1千億~1500億円ほどで推移し、総額は9885億円になった。

 ただ、16年の電力小売りの全面自由化で大手各社も経営環境が厳しく、値下げを求められている。原電の村松衛社長は「原発が長期停止し厳しい。(各社から)効率化を強く要請されており、19年度(の電力料収入)は1千億円を切る」と述べた。

 原電にとって経営再建の「命綱」が、運転開始から40年たち、昨年11月に20年間の運転延長が認められた東海第二の再稼働だ。敦賀2号機は原子炉建屋直下に活断層の存在が指摘され再稼働は難しい。東海第二が再稼働できなければ、経営破綻(はたん)が現実味を帯びる。

 

 

「花と卒業式の春に」 授賞式の壇上で見た父の姿    柳 美里

 

「花と卒業式の春に」 授賞式の壇上で見た父の姿

                    柳 美里

 

 昨夜、煙草を買いにサンダルを履いて外に出た時、どこかで花が咲いているのか、甘い匂いが夜気に混じっていた。私は一年の中で花の咲く季節が一番苦手だ。何処にいてもいたたまれないので、なるべく部屋から出ないようにしているのだが、ベランダで育てている葡萄の木が紫色の芽を吹き、私は春の気配に徹底的に追い詰められてしまう。花の蕾と木々の芽吹く香りは死化粧の芳香に酷似していて、私は息が苦しくなる。

 〈花〉という言葉を辞書で引いてみた。

 〈種子のできる高等植物の生殖器官で、葉の変形したもの〉

 花は生殖器官なのだ。

 だから、女たちは花びらのようなブラジャー、スキャンティー、ペチコート、キャミソール、ストッキングを身に纏い、花粉のような白粉、アイシャドー、口紅で自分の顔を染め、花の香りに似た香水をつけるのだ。

 十代の頃、キャバレーで働こうと思い面接に行った事がある。化粧はしません、と言ったら落とされてしまった。今も化粧品は何一つ持っていない。

 小学校の入学式の前日、母は私の髪にパーマをかけた。そのパーマは失敗して、長い間〈オチャノミズハカセ〉とイジメられた。少女マンガにかぶれていた母は、毎年私の髪を編み込んでリボンで結んだ。私はそのリボンが嫌でたまらなかったので、学校に着くまでの間にいつも毟りとっていた。

 小学校の低学年の頃、私は冬でも半ズボンを履いて駆けまわっていた。学校から帰ると、弟を連れて公園に行き、暗くなるまでサッカーの練習をした。ある日、弟が思いきり蹴ったサッカーボールを胸で受けた時、とても痛くて、私はボールを蹴り返せなかった。体が柔らかくなりはじめ、半ズボンが似合わなくなったその頃から、私は猫背になり俯いて歩くようになった。

 鏡に映った自分の体はぞっとするほど醜くて、十二の春、はじめて自殺を考えた。

 それから四年間は死ぬ事しか頭になかった。

 剃刀で手首を刻んだり、ウイスキーを一瓶空けて海に飛び込んだり、睡眠薬を飲んだりしたが、なぜか死ねなかった。

 十六の春、高校を放校処分になった。

 私は中学校と高校が一緒の私立のミッションスクールに通っていたのだが、家出、自殺未遂を繰り返す度に停学になった。そして高校一年の時、他の生徒の迷惑になるからやめてくれと言われた。明日どちらかの親を連れて校長室に行くように、と担任に言われたので、私は母に頼んだ。母が嫌がったので、私は父が勤めているパチンコ屋に行った。翌日、父は校長室で、娘をやめさせないで下さい、と土下座してしまった。校長は父を見下ろして、他の生徒に毒をばらまいているんですよ、と冷ややかに言った。私は窓の外に視線を逃し、音楽室で同級生たちが歌っている讃美歌を聴いていた。

 校門までの道は、桜の花びらで真っ白だった。父に謝りたかったのだが、私の唇はへの字に歪んだままだった。父の背中は、居眠りをしている人の背中のように揺れていた。私は花の匂いの中から父の哀しみを嗅ぎわけた。

 風景が花で汚れるこの季節、電車に卒業式の衣装を着た女子大生が乗ってくると、私は別の車両に移動する。

 私は卒業式というものに一回しか出席した事がない。小学校の卒業式が最初で最後だった。同級生の女の子は泣いていたが、私はちっとも哀しくなかった。いじめやリンチばかり受けていたので、彼らと離れるのは喜ばしい事だったのだ。私は式のあいだ中、笑いを必死になって堪えていた。同級生たちは母親と肩を並べて校門の前に立ち、彼らの笑顔をフィルムに焼きつける為に、父親がカメラを構えていた。私の一家は離散したばかりだったので、記念写真どころではなかった。

 私は花壇のチューリップを引き抜き、その首をへし折り、靴で踏みにじってから校門を出た。裸になった茎をポイと車道に投げ捨てて、母と住みはじめたマンションに電車で帰った。そして、将来小説家になりたい、と書いた卒業文集を机の奥に隠し入れ、鍵をかけた。

 十八の春、戯曲を書きはじめた。葬式をしたかったのだ。私にとって芝居は葬式なのだ。葬式というものは、いつだって死者の為ではなく、生き残った者の為に行われる。〈お花のない葬式は悲しいものです〉。これはフランスのある花屋が出した広告だが、棺の中の死者を花で埋め、墓を花で飾るのは、その人のなまなましい死を忘れる為なのだと私は思う。生き残った者は死者を忘却の淵に沈め、生き続けなければならない。

 私は九本の芝居を書いた。死ねなかった自分を芝居の中で九度殺し、九度葬ったわけだ。

 今年、岸田戯曲賞受賞し、授賞式の壇上で父の姿を見た時、私は父の為に卒業式をしているのだ、という思いがこみあげてきた。

 

 

イラン、低濃縮ウラン製造能力を4倍に 保有上限守らず

イラン、低濃縮ウラン製造能力を4倍に 保有上限守らず

2019/5/21 朝日新聞

 

 イラン原子力庁は20日、同国にあるウラン濃縮施設の低濃縮ウランの製造能力を4倍に増強すると発表した。イランが8日に核合意の履行を一部停止し、低濃縮ウランの保有上限を順守しないと宣言したことを受けた措置とみられる。7月上旬までに原油取引などで改善が見られなければ、本格的な核開発を再開する姿勢も示しており、核合意当事国の英独仏などに圧力をかける狙いもある。

 イランメディアによると、同庁の報道官が20日に「遠心分離機の数を増やすことなく、(同国中部)ナタンズの施設での低濃縮ウランの製造能力を4倍にする」と表明。国際原子力機関IAEA)に通知したことも明らかにした。

 核合意では、イランの低濃縮ウランの保有上限は300キロと定められている。だが、ロハニ大統領は米国が核合意から離脱してから1年が経過した8日、報復措置として、この上限に縛られない意向などを表明した。核合意にとどまる意思を示す一方で、製造能力を増強し、上限を超える準備を始めたことを明確に示したとみられる。

 

 

第76回:「令和おじさん」プチブームから見えるもの(想田和弘)

 第76回:「令和おじさん」プチブームから見えるもの(想田和弘
https://maga9.jp/190515-3/
想田和弘
2019年5月15日

 天皇の代替わりと新元号をめぐるお祭り騒ぎの中で、地味に驚愕させられたことがある。それは、新元号を発表した菅義偉官房長官がネット上などで「令和おじさん」と呼ばれ、「可愛い」「笑顔がいい」などと人気を博し、知名度を急上昇させた(らしい)ことである。

 菅氏といえば、記者の質問に対して超絶不機嫌な顔と態度でぶっきらぼうに答える姿ばかりが目に焼き付いている。だから「可愛い」という形容詞が使われたことに、まずは不意をつかれた。

 だが、それよりも驚かされたのは、彼がどうも「令和おじさん」として初めて日本国民の間に広く認知された(らしい)ということである。つまり菅氏が新元号を掲げる姿を見せるまで、その存在を知らなかった人々が大勢存在した(らしい)のである(だって、でなければ、まるで初めて表舞台に登場した人のごとく「令和おじさん」なんて命名されないですよね)。

 これはよく考えるとかなり重大な発見であり、深刻な問題だ。

 第二次安倍政権が誕生して、すでに6年以上が経過している。その間、菅氏は常に安倍内閣官房長官として、日本政府のスポークスパーソンを務めてきた。ニュース番組を見ていれば、ほぼ毎日のようにテレビに映し出される顔だ。首相の次くらいにはメディア露出度の多い政治家だと思う。

 その菅氏の存在を知らないということは、その人はほとんど日本の政治に関心がないし、ニュースを追っていないということだ。つまり安倍政権がどんな政権で、何をやってきて、何をやろうとしているのか、ほとんど知らないということであろう。

 そういう主権者が、日本には大勢いる。その実数はわからないが、少なくとも菅氏が「令和おじさん」と呼ばれ、プチブームになる程度には、政治に無関心な人がたくさんいるわけである。

 僕はこのことが、実は日本の政治の最も根本的な問題なのではないかと思っている。

 デモクラシーとは、国王や皇帝が政策や方針を決めるのではなく、主権者である民衆自身が決めるためのシステムである。それが適切に機能するためには、民衆一人ひとりがある程度政治に関心を持ち、情報を集め、勉強することが不可欠である。でなければ国の方向性や政策の良し悪しを判断したり、自分たちの代表を適切に選んだりすることなど、不可能だからだ。

 そういう意味では、今の日本の状況は、あまりにも多くの主権者が主権者としての責任を放棄した状態であると言わざるをえない。もっと厳しい言い方をするなら、「衆愚政治」に陥っているとしか言えないのではないか。

 安倍首相や自民党は、そういう状況をよく理解しているのみならず、歓迎しているのだと思う。そして人々が政治に無関心であることを、自らの権力を維持するために積極的に利用している。

 例えば、自民党が夏の選挙に向けて若者をターゲットに立ち上げた「#自民党2019」というプロジェクトには、そのことが典型的に現れている。

 このウェブサイトには、人気ゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインなどで知られる天野喜孝氏が描いたイケメン武士に、「第二十一代・第二十五代 自由民主党総裁 安倍 晋三」とのキャプションがつけられている。

 その厚顔無恥さに、ソーシャルメディアでは呆れる声が上がったが、首相の行為を厚顔無恥だと思う人は、政治に関心を持ち、安倍政権の危険性や酷さを知っている人である。だが、政治に関心がない人で、ファイナルファンタジーを好きな人は、ほぼ間違いなく自民党や首相に対して好感度を上げるであろう。

 そして好感度を上げる人は、好感度を下げる人よりも、たぶん多い。いや、少なくともそう睨むからこそ、自民党はこのようなサイトを立ち上げたのである。

 また、5月12日、首相はTOKIOの人たちと食事をする写真とともに、次のようなツイートをした。

 「TOKIOの皆さんと再会しました。福島 復興のために頑張ってくださっています。話に花が咲き、本当に楽しいひとときを過ごすことができました!」

 TOKIOファンのなかに菅氏を知らなかった人、つまり政治に関心がない人がどのくらい存在するかは知るすべもないが、TOKIOファンという分母が大きいことを考えれば、ここにもやはり、かなり多くの「政治無関心層」も含まれていると想定してよいだろう。彼らにとって、大好きなアイドルと仲良く写真におさまる安倍首相の好感度が上がることは、ほぼ確実だ。

 これも実に効果的なイメージ戦略であり、選挙運動だと思う。

 けれども、当然のことながら、安倍自民党が良い政治をするかどうかは、天野氏やTOKIOと仲が良いかどうかとは全く関係がない。そういう意味では、安倍自民党の戦略は、政治の本質とは全くかけ離れた部分で得点を稼ぐ「騙しの戦略」だと言える。しかし当の主権者が政治に関心を持たない「衆愚」であれば、それが詐術であることを見抜くことはできまい。

 日本のデモクラシーは、かなり重篤な病気にかかっているのだと思う。それは独裁的な首相の首をすげ替えれば治るというようなものではない。なぜなら主な病巣は、私たち主権者にあるからである。


想田和弘
http://www.laboratoryx.us/sodaofficial/HOME.html

想田和弘(そうだ かずひろ): 映画作家。ニューヨーク在住。東京大学文学部卒。テレビ用ドキュメンタリー番組を手がけた後、台本やナレーションを使わないドキュメンタリーの手法「観察映画シリーズ」を作り始める。『選挙』(観察映画第1弾、07年)で米ピーボディ賞を受賞。『精神』(同第2弾、08年)では釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を、『Peace』(同番外編、11年)では香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞。『演劇1』『演劇2』(同第3弾、第4弾、12年)はナント三大陸映画祭で「若い審査員賞」を受賞した。2013年夏、『選挙2』(同第5弾)を日本全国で劇場公開。最新作『牡蠣工場』(同第6弾)はロカルノ国際映画祭に正式招待された。主な著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs.映画』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム』(河出書房)、『カメラを持て、町へ出よう ──「観察映画」論』(集英社インターナショナル)などがある。

 

賃金減 日本だけ OECD調査

賃金減 日本だけ OECD調査

2019/5/18 赤旗

 

過去21年間で8%マイナス

他の主要国は大幅増

景気回復へ 賃上げ・安定雇用こそ

図

 日本の賃金を時間当たりでみると過去21年間で8%減っており、主要国の中で唯一のマイナスであることが経済協力開発機構OECD)の調査で分かりました。日本の異常さが改めて浮き彫りになりました。

 OECDは時間当たりの賃金動向を各国の政府統計などをもとに調べています。最新データである2018年の時間当たり賃金(時給)を1997年と比較すると、韓国は167%、イギリスは93%、アメリカは82%、フランスは69%、ドイツは59%も増加しています。一方、日本は8%減少していました(グラフ)。時間当たり賃金には残業代も含まれています。

 安倍晋三首相は「雇用・所得環境の改善が続いている」「5年連続で今世紀最高水準の賃上げを実現」などと宣伝します。ところが逆に賃金が下落していたのです。

 大企業はアベノミクスの恩恵を受け、史上最高益を稼ぎ出してきました。一方、労働者は「国際競争力強化」を口実に低賃金を強いられ、労働市場では、非正規化が進んできたのが実態です。

 

 

「壁でなく橋つくろう」 ベルリンの反右翼デモに数万人

 「壁でなく橋つくろう」 ベルリンの反右翼デモに数万人

2019/5/19 朝日新聞

 

 欧州連合(EU)加盟28カ国で23~26日にある欧州議会選挙を控え、ベルリン中心部で19日、ナショナリズムに反対する数万人規模の集会とデモが開かれた。移民・難民排斥などの主張を掲げる右翼勢力が欧州議会選を利用し、EU崩壊や国粋主義への回帰に導こうとしていると批判。人権や多様性のある欧州を守るため連帯しようと訴えた。

 会場となった市内中心部の広場には、若者やお年寄り、子ども連れの家族などが集まり、まるでお祭りの雰囲気。「開かれた自由な社会のために」「壁はいらない橋をつくろう」といったプラカードや旗などを掲げ、市内を歩いた。

 イタリア出身のガブリエルさん(57)は「EUは戦争から得た我々の成果だ。欧州が協力して平和と繁栄を実現しないといけない」。地元ベルリンの公務員の50代男性は「EUは危機にある。だが、たくましい。ここにいる人たちこそが主流派だ」と語った。

 欧州議会選は5年に1度、EU加盟各国で実施される。各種の世論調査では今回、中道の主流政党が議席を減らす一方で、EUに懐疑的な右翼勢力が各国で議席を伸ばすとの予想が出ている。

 ただ、オーストリアの右翼政党党首が、ロシアの投資家とされる人物に対し、選挙支援の見返りに便宜を図ろうとした映像が明らかになり、18日に党首を辞任したばかり。連携する他国の右翼政党の支持にも影響が出るとの見方もある。(ベルリン=野島淳)

 

NPT準備委の報告 20年に向けて <下> 被爆国

 

2019/5/17 中國新聞

 

煮え切らぬ「橋渡し役」

 米ニューヨークの国連日本政府代表部で4月30日、日本被団協の木戸季市(すえいち)事務局長(79)は、高見沢将林軍縮大使と面会した。2020年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けた第3回準備委員会に参加するため渡米。日本政府に改めて、核兵器禁止条約から目をそらさずに署名、批准するよう求めた。 

 「私があの世に行くのが先か、核軍縮が進むのが先か。被爆国として、原爆が人間に何をもたらすかに立脚してほしい」。面会後、いら立ちを報道陣に漏らした。日本政府は禁止条約に対して、核兵器保有国と非保有国の溝を広げるなどとして署名しない基本姿勢を変えていない。